Menu

彼女を喜ばせたい!サプライズなプレゼントの渡し方

彼女にプレゼントをしたいとき、みなさんはどのようなサプライズをイメージしているでしょうか。プレゼントを彼氏からもらって嬉しくないという女の子は、よっぽど何か事情を抱えているのでしょう。

男性の人たちも、プレゼントをせっかくあげのだから、マンネリ化しないという姿勢も必要ではないでしょうか。男性の人たちも、あげるためにはシチュエーションなどの配慮する必要があると思いますよ。

【サプライズの作り方】

みなさんには、プレゼントをあげることとともに、サプライズという意味をしっかり理解していただきたいのです。みなさんが、いろいろ考えてこんなプレゼントを贈りたいという気持ちを持つことが出来れば、そこに同時に、どのようなシチュエーションで贈れば女の子がより喜んでくれるだろうということまで考える必要があります。

お花のような大ききのものであれば、なかなかセッティングの自由性がないので、出会う最初にプレゼントするというのも方法ですが、小さい小物をプレゼントする場合、何もいきなり、イベントの一番重きを置いたモノを最初に持ってくる必要はありません。

【帰りに渡す】

お花でないのなら、帰りに女の子に渡すというのも方法ではないでしょうか。まさに、プレゼントを最後に渡せば、「有終の美」という感じもあり、まさに明日に続くデートをしたという感じがあります。

帰りに、プレゼントを受けとることで、ちょっとデートの最中に気まずいことがあったとしても帳消しにすることができます。最初に、プレゼントを渡してしまっては、そのあと、プレゼントを帳消しにしてしまう不手際を起こしてしまうこともあるでしょう。

【一番理想のシーンを考える】

とにかく、男性の人たちは、デートを計画する上で、全体を把握して、一番、プレゼントを渡すのにふさわしい場所はどこかということを追求して欲しいのです。

プレゼントを渡したいから、ちょっと幼稚に見える観覧車で二人だけのスペース空間を作るというのもいいのでしょうか。観覧車が、一番上に達したとき、彼女が景色を夢中になっているときに、彼女の膝元に、プレゼントをさりげなく置くというのもいいでしょう。
【本当に欲しいものは】

実際に、彼女が本当に欲しいものは何かということも、リサーチする必要があります。もらって嬉しくないプレゼントだって、実際には存在しています。

そのような意味では、彼女を実際にショップへ一緒に連れて行って、彼女に選んでもらうという選択肢もあるでしょう。

しかし、ここにはサプライズが存在しないということにも懸念はする必要があるのではないでしょうか。

それが一番確実であるとしても、そこにはプレゼントとしての意外性がどこか喪失してしまうことになります。

いかがでしょうか。ケースバイケースで、いろいろなシーンに妥当なプレゼントを考えてみましょう。もちろん、彼女に対して、お花のプレゼントというのも、未だ贈ったことがない男性ならかなり大きな意味があります。