Menu

亡くなった母へ「母の日参り」を。亡き母の仏壇に添えるカーネーションについて

ケースバイケースで、お花というプレゼントもかなり有効的です。どのようなシーンにもお花というのではマンネリ化もしてしまうかもしれませんが、お花というレパートリーを取り込むことで、みなさんのプレゼントに対しての選択肢は確実に広がりを見せることになります。

【お花でなければならない?】

実際に、亡くなったお母さんに対して、仏壇の前に供えるのは、お花でなければならないということではありませんが、やはり多くの人たちは、無難なものはお花と考えるでしょう。

そこには、私達に自由性を強いる、習慣や儀式めいたものがあるからと考えていいでしょう。 そのような意味では、プレゼントに対して、私達は自由性だけ求めて行くのではなく、ルールに従うモチベーションも必要になって来ます。

亡くなったお母さんに対して、母の日のギフトには、白いカーネーションが贈られることが一般的です。仏壇に、お菓子など供えるというのも方法ですが、プラスαの発想して理解するといいでしょう。まずは、お花を供えるという意識を持つといいです。

【なんて白いカーネーションでなければならないのか】

しかし、みなさんはお花に同意していたとしても、なんで亡くなったお母さんに対して、白いカーネーションを贈らなければならないか不思議に思っているのではないでしょうか。もちろん、お花、一本でなくても大丈夫です。花瓶にお花を飾るというのもいいでしょう。

【白いカーネーションはアメリカから伝わった】

ここで言いたいのは、白いカーネーションの文化は、アメリカから伝わったものだということです。 アンナの母親であるアン・ジャービスに対して、既になくなってしまったお母さんに対して、白いカーネーションを贈ったことが発端となり、日本にもこのような文化・習慣が伝わったと言われています。

しかし、なんで、カーネーションでなければならないのか、白いものでなければならないのかの理由は、単に、アンナの母親であるアン・ジャービスが好きなお花だったということからなのです。

カーネーションには「女性の愛」、「純粋な愛情」という花言葉もありますので、別に、いろいろな色のカーネーションを亡くなったお母さんに対して贈ったとしても、マナー違反ではないと思うのです。

それに対してマナー違反ということがあれば、そちらの方が間違いなくです。言いたいのは、何も白いカーネーションに拘りを持つこともなく、いろいろな色を贈って問題はありませんし、かつカーネーション以外のお花でも、お母さんが好きだったお花を贈るという方法が、亡くなったお母さんもきっとあの世で喜んでくれるプレゼントではないでしょうか。

いま、お花やさんへ行けば、カーネーション以外にも、母の日のギフトでいろいろなお花が売られています。敢えて毎年毎年、白いカーネーションだけを意識してしまうことで、母の日をマンネリ化させてしまうことになるのではないでしょうか。